事例で分かる!あなたがしたいお風呂・浴室リフォームの費用はいくら?

事例で分かる!あなたがしたいお風呂・浴室リフォームの費用はいくら?
この記事で分かること

お風呂・浴室のリフォーム費用まとめ

「お風呂全体をリフォームする場合、費用はどれくらい?」と、まずはざっくりとした予算を知りたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、以下ではみやこリフォームで実際に施工されたお客様のデータをもとに、お風呂全体をリフォームする場合の費用をまとめました。
最低価格税別49.6万円
中心価格税別67.5~95.2万円
最高価格税別211.8万円
※みやこリフォームの掲載事例より算出
※中心価格帯は60%のお客様が費やした金額

ご覧のように、安いもので50万円台から、多くの方は70~90万円ほどでお風呂のリフォームしている人がほとんどです。一方で、高いものでは200万円以上、お風呂のリフォームにかかる場合もあります。 このように、50万円から200万円以上とお風呂リフォームの費用に差が大きく出るのは、導入するユニットバスのグレードによって大きく異なるためです。そこで、次にそれぞれの金額帯によってどんなユニットバスにリフォームできるのか具体事例を用いて説明します。

50~60万円でどんなお風呂にリフォームできるの?

税別55.3万円
>>この事例の詳細はこちら

50万円台で導入できるユニットバスでも、シンプルなデザインと最低限の機能性は担保されております。賃貸マンションなど収益物件で人気のユニットバスになります。

70~90万円でどんなお風呂にリフォームできるの?

税別80.9万円
>>この事例の詳細はこちら

70~90万円台で導入できるユニットバスでは、浴槽や床に断熱材が入っており、冬でもお湯が冷めにくく、ヒヤっとしにくい構造になっております。また、水栓はメタルのもの、壁パネルは光沢があるものが増え、デザイン面でも格段に良くなります。 また、この金額帯になると、浴室暖房乾燥機など人気のオプションを付けたりすることもできます。

150万円以上でどんなお風呂にリフォームできるの?

税別179.5万円
>>この事例の詳細はこちら

CMでもおなじみの肩湯やジェットバスなど特別なオプションが付いているユニットバスを導入することができます。また、ヒノキやタイル、大理石などの壁パネルやカウンターにできるなど、まるでオーダーメイドのようなお風呂にすることができます。

金額帯別!お風呂のリフォーム事例とその費用

「最安でユニットバス交換するときの費用は?」「予算100万円くらいでどんなお風呂リフォームができるの?」と金額別にどんなお風呂リフォームができるか気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで、以下では、「50~60万円台」、「120万円以上」など価格帯別にどのようなお風呂リフォームができるかまとめました。

お風呂のリフォーム費用は何で変わるの?

最低価格や中心価格、最高価格付近の事例を見て、「どういうお風呂リフォームをしたときにいくらくらいかかるの?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
実は、お風呂のリフォーム費用は、次の2つの要素によって大きく費用が変わります。
  • 導入するユニットバスのグレード
  • 元々のお風呂がユニットバスか、在来浴室か
そこで、以下では、みやこリフォームで実際に施工されたお客様のデータをもとにそれぞれの場合にお風呂のリフォーム費用がどれくらいになるかまとめました。
お風呂のグレード元々のお風呂
ユニットバス 在来浴室
ローグレード税別49.6~68.4万円税別66.5~67.5万円
ミドルグレード税別67.9~107.3万円税別78.4~100.4万円
ハイグレード税別179~211.8万円
※みやこリフォーム掲載事例から算出

グレードやお風呂のタイプ別!お風呂のリフォーム事例とその費用

導入するユニットバスのグレードや、元々のお風呂の種類によって、お風呂のリフォーム費用がどのように変わるのか、以下でまとめました。
お風呂のグレード
元々のお風呂
選んだ条件の事例が下に表示されます。

 

浴室暖房乾燥機などオプションの費用は?

お風呂をリフォームする際に「浴室暖房乾燥機や手すりを付けるときの費用は?」と思われた方もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは主なオプション費用についてまとめました。
オプション内容費用
浴室暖房乾燥機4~6万円 ※電気工事が必要な場合、別途3万円前後
手すり1本0.8~1.8万円
二枚引き戸7~8万円
窓枠加工 ※窓がある場合に必要1.5~3.0万円
梁加工 ※マンションなど梁がある場合に必要2.0~3.0万円
※金額は全て税別表示
※みやこリフォームの掲載事例より算出

浴室暖房乾燥機を付ける場合、使用する電力量が大きいため、分電盤から専用回路を引く電気工事を行う必要がある場合があります。その場合は、商品代の4~6万円以外に、工事代の3万円前後がかかります。

事例で見る!お風呂リフォームのオプション費用は?

上記の事例は、ご高齢の両親を迎えるために、浴室暖房乾燥機や手すり、二枚引き戸などオプションをいろいろと盛り込んだ事例になります。その費用内訳は以下のようになります。

内訳 金額
工事費合計 450,000円
ユニットバス本体基本費用 426,148円
+浴室暖房乾燥機(標準は換気扇) 47,565円
+人造大理石浴槽(標準はFRP浴槽) 54,880円
+2枚引き戸(標準は折戸) 40,250円
+手すり 9,275円
+窓枠加工 17,430円
+ランドリーパイプ 1,470円
+壁パネルグレードアップ(全面光沢あり) 25,620円
税抜合計 1,072,638円
税込合計 1,179,902円

 

浴槽交換などお風呂の部分リフォームの費用は?

「お風呂全体でなく、浴槽交換など部分的なリフォーム費用は?」と気になる方もいるのではないでしょうか。そこで、以下では、部分的にお風呂リフォームするときの費用をまとめました。
リフォーム内容費用
浴槽交換15~20万円
浴室ドア交換10~12万円
水栓交換3~5万円
換気扇交換3~5万円
※金額は税額表示

賃貸オーナー必見!3点ユニットバスをお風呂とトイレに分離するリフォーム費用は?

賃貸マンションなどのオーナーの中には、少し古い賃貸マンションなどで設置されている、お風呂、トイレ、洗面が一緒の3点ユニットバスをお風呂とトイレに分離するリフォームの費用が気になる方もいるのではないでしょうか。

3点ユニットバスをお風呂とトイレに分離するリフォームはおよそ100万円程度です。以下では、みやこリフォームでのリフォーム事例を紹介します。

3点ユニットバスをお風呂とトイレに分離したリフォーム事例

この事例では、3点ユニットバスに隣接するクローゼットのスペースにトイレを新規作成し、もともと3点ユニットバスがあったところに普通のユニットバスを設置しました。

まとめ

いかがでしょうか。具体的なお風呂のリフォーム事例を通じて、どれくらいの費用がかかるのかかなり理解が進んだのではないでしょうか。 ただ、より費用を抑えて満足できるお風呂リフォームをしたい!という方もいるかと思います。そのような方には以下の記事で、そのように費用を抑えるコツを紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

費用を抑えて満足度高くお風呂リフォームする4つの秘訣

この記事を書いた人
みやこリフォーム運営責任者
小川 剣人

リフォーム会社紹介サイト「リフォームガイド」にて、500以上のリフォーム会社と接点を持つ。

その後、みやこリフォームにて、実際の施工経験を積み、そのノウハウや業界ウラ話をブログ記事にて展開中。

みやこリフォーム|Instagram

問合わせはこちら