暖房乾燥機付き!TOTO「マンションリモデルWY」お風呂リフォーム事例

暖房乾燥機付き!TOTO「マンションリモデルWY」お風呂リフォーム事例

N様

109.7万円(税別)

リフォームの概要

TOTOのマンションリモデルの「WYシリーズ」へのお風呂リフォーム事例になります。「WYシリーズ」は、断熱材が入っており、冬でもあったかな「魔法びん浴槽」のほか、乾きやすく掃除がしやすい「ほっカラリ床」が特長のユニットバスになります。

お客様名 N様
費用 109.7万円(税別)
120.7万円(税込)
主なリフォーム内容 ユニットバスは、TOTO「マンションリモデルWY」130㎝×170㎝
※電気式の浴室暖房乾燥機をオプションとして採用
※脱衣所のクロス張替え込み
工期 6日
築年数 1999年築
物件種別 マンション
家族構成 夫婦+子ども一人

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

断熱材入り浴槽で冬でもあったか「魔法びん浴槽」

WYシリーズでは、浴槽に断熱材が入っている「魔法びん浴槽」が標準装備されており、お湯が冷めにくい設計になっております。その効果は、お湯を張って5時間経っても、2.5度も温度が下がりません。
また、「クレイドル浴槽」という形状の浴槽を今回採用しました。「クレイドル」(ゆりかご)という名前にふさわしく、体をやさしく包み込むデザインになっております。ヘッドレスト部分を高くして、首当りを気持ちよくしたほか、またぎこみ部分は部分は低くして、入りやすさに配慮しました。
さらに、近年FRP(繊維強化プラスチック)の浴槽が増えている中、今回人造大理石の浴槽を採用しているため、高級感もあり、掃除もしやすいと好評です。

乾きやすく、掃除がしやすく、温かく、踏みごこちのいいと四拍子揃った「ほっカラリ床」

TOTOのユニットバスの自慢は浴槽だけではありません。床にもこだわりがあり、名付けて「ほっカラリ床」と言います。
水はけがいいほか、床下に断熱材が入っており、冬のあのヒヤッとするあの感覚を軽減してくれます。さらに、柔らかい素材が使われているので、足に優しく踏みごこちがいいです。

節水式の浴びやすい大きなシャワーヘッド

スプレー状のシャワーと波を打つような水流を混ぜてシャワーに出すことで、節水をしながら、大粒の水を浴びているような感覚が得られる構造になっております。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

既設ユニットバス及び間仕切り壁解体工事 70,000円
同上撤去材処分費 50,000円
間仕切り壁復旧及び開口部納め 50,000円
城東テクノ 樹脂製三方枠 15,000円
ユニットバス照明・換気扇配線工事 40,000円
給排水仕込み・接続工事 75,000円
既存給湯器リモコン脱着 15,000円
風呂追炊きアダプター 5,000円
新規ユニットバス(TOTO1317 暖房乾燥機付き) 567,520円
ユニットバス組立て施工費 110,000円
洗面所クロス張替え工事 35,000円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
片づけ・清掃費 10,000円
現場管理費 50,000円

特別割引 -30,000円

税抜 1,097,520円
税込 1,207,272円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE