タイルの洗面所はクロス仕上げに!在来浴室のユニットバスリフォーム事例/京都市西京区

タイルの洗面所はクロス仕上げに!在来浴室のユニットバスリフォーム事例/京都市西京区

京都市西京区S様

112.0万円(税別)

施工前Before

施工後After

リフォームの概要

浴室&洗面脱衣所ともに、タイルが施されていました。使いやすくお手入れもしやすいユニットバスが多く開発されている現在では、今回のようにタイル張りの在来工法浴室を解体してユニットバスを導入する事例が多いです。今回は洗面脱衣所の壁面にもタイルは施されており、こちらは直に壁紙を貼ることができなかったため、下地を作ることでクロス張りを可能にしました。浴室&洗面脱衣所ともに白で統一され、広々明るい空間になりました。
新しく導入したユニットバス&洗面化粧台のお手入れのしやすさと収納力については、従来のものとは格段の差があります。毎日使用する空間が生まれ変わりました。

お客様名 京都市西京区S様
費用 112.0万円(税別)
123.2万円(税込)
主なリフォーム内容 浴室
・タイル張り在来工法の浴室→ユニットバス導入

洗面室
・洗面化粧台交換
・内装(タイル張りの壁面からクロス張に)
工期 2週間
築年数 40年
物件種別 戸建て
リフォームの目的 老朽化に伴うリフォーム
施工店 京都本店

リフォームのポイント

タイルが施されていた洗面脱衣所の壁を、クロス仕立てに

天井・壁が一色で統一され、すっきりした空間になりました。タイルは冷気を伝えやすいので、断熱性もアップしました。タイルの上にクロスを直接貼り付けることは不可能なので、ベニヤで下地を作ることで可能にしました。

洗面化粧台の左側の壁面にあったコンセントが、右側に

壁面のコンセントプレートをなくし、洗面化粧台で使えるようになったのも見た目すっきりポイントの一つです。
また、洗面化粧台に向かって左側にコンセントプレートがあると、右利きではどうしても使いにくさを感じます。新しく設置した洗面化粧台では右側についているので、微妙な使いにくさが解消されました。

たっぷり収納できて、取り出しやすい洗面化粧台 リクシル 「MV」

どんどん使い勝手が進化する洗面化粧台。収納力アップで取り出しやすく、洗面脱衣所がすっきり片付きます。

在来工法の浴室を解体し、ユニットバスを導入

ユニットバスのメリットは、断熱性に優れ、継ぎ目が少ない作りなので汚れがたまりにくく清潔な空間に保つことができます。冷気を伝えやすく湿気がこもりがちなタイル張り在来工法からユニットバスに入れ替えると、断熱性がぐんとアップします。

浴室のドアも交換

白い枠のドアに入れ替え、明るい印象のドアになりました。

リフォーム内容・費用詳細

TOTO「サザナ」 Sタイプ 1317サイズ 308,088円
同上手すり 5,705円
ユニットバス組立て施工費 95,000円
既設在来浴室解体およびプラグ止め 75,000円
同上撤去材処分費 60,000円
城東テクノ 樹脂製枠 15,000円
間仕切り壁復旧及び開口部納め 80,000円
ユニットバス照明・換気扇配線 55,000円
ユニットバス配管工事 70,000円
追炊きアダプター 5,000円
既設洗面化粧台解体・処分費 8,000円
既設タイル撤去工事 45,000円
同上撤去材処分費 35,000円
天井・壁クロス下地造作工事 100,000円
リクシル 洗面化粧台「MV」 145,800円
同上組立て設置費 28,000円
間仕切り壁クロス張り替え工事 35,000円

養生費 7,700円
残材処分費 9,200円
片づけ・清掃費 3,000円
現場管理費 9,200円

小計   1,194,693円
特別割引 74,500円

税抜価格 1,120,193円
税込価格 1,232,212円

みやこリフォーム|Instagram

問合わせはこちら