壁を作り直して、タイルのお風呂をユニットバスにリフォームした事例

壁を作り直して、タイルのお風呂をユニットバスにリフォームした事例

京都市西京区Y様

79.5万円(税別)

リフォームの概要

経年劣化により老朽化した部分や破損部分が目立つ浴室に、ユニットバス導入をご希望されました。スペースに限りがあり、面積を拡張する必要がありました。
方法としては、外壁を削って面積を拡張することも可能ですが、どうしても費用が嵩んでしまいます。今回は「隣接するお手洗いとの壁をいったん取り壊して、薄いものにする」ことで、必要面積の確保が可能と判断し、ご提案させていただきました。結果、リクシル社製ユニットバスBWシリーズを設置することができ、ご満足していただくことができました。

お客様名 京都市西京区Y様
費用 79.5万円(税別)
87.4万円(税込)
主なリフォーム内容 タイル張りの在来浴室から、ユニットバスリフォーム
※ユニットバスは、リクシル「BW」100㎝×140㎝
※ユニットバスを入れるため、トイレの壁も作り直し
※脱衣所のクロス張替え込み
工期 7日
築年数 35年
物件種別 戸建て
リフォームの目的 老朽化した浴室のリフォーム
施工店 京都本店

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

脱衣所・トイレ側の壁を薄く作り直すことで、一回り大きなユニットバスが設置可能に!

浴室面積を拡張するために外壁を取り壊すと、どうしても費用が跳ね上がってしまいます。今回は、室内壁を薄くすることでユニットバス設置のための必要面積が確保できると判断しご提案したところ、ご満足いただけました。

少し広くなって、使いやすさもアップしたバスルーム

老朽化し破損していた部分がなくなり、お手入れしやすいユニットバスが設置できました。ユニットバスは汚れが入り込む隙間が少ないので、お手入れしやすく長持ちします。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

リクシル「BW」1014サイズ 172,000円
ユニットバス組立て施工費 80,000円
既設在来浴室解体およびプラグ止め 80,000円
同上撤去材処分費 60,000円
浴室土間コンクリート打ち工事 50,000円
城東テクノ 樹脂製三方枠 15,000円
大工手間 50,000円
 + トイレ壁再造作工事 50,000円
換気ダクト用コア抜き 18,000円
ユニットバス照明・換気扇配線 40,000円
ユニットバス配管工事 80,000円
洗面所クロス張替え工事 35,000円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
後片付け・清掃 10,000円
現場管理費 50,000円

特別値引き -30,000円

税別 795,000円
税込 874,500円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE