他社は断念!柱を抜いて小さなタイル風呂をユニットバスに!

他社は断念!柱を抜いて小さなタイル風呂をユニットバスに!

京都市西京区A様邸

100.0万円(税別)

リフォームの概要

古く狭いタイルのお風呂をユニットバスにリフォームした事例です。
リフォーム前は廊下に面した出入り口にシャワーカーテンを取り付けて入浴なさっていたそうで、お客様は大変ご不便を感じていらっしゃいました。
他社ではユニットバスへの交換は困難と断られたそうですが、当社では綿密な現地調査の結果、リフォームが可能と判断し、実現しました。新しいお風呂にはしっかりドアがつき、湿気や暖かな空気を廊下に放出することがなくなっています。
掃除がしにくく冷たいタイルの床や壁もパネルに交換し、お掃除の手間が軽減されたと喜んでいただきました。

お客様名 京都市西京区A様邸
費用 100.0万円(税別)
110.0万円(税込)
主なリフォーム内容 タイルのお風呂から、ユニットバスへのリフォーム事例
※ユニットバスは、TOTO「JHシリーズ」80㎝×160㎝
※ユニットバスの設置スペース確保のため、入念な確認の上、柱を撤去
※傷んでいた通路のフローリングを張替え
※浴室の入り口位置を変更
工期 9日
築年数 40年
物件種別 戸建て
リフォームの目的 古いタイル浴室をユニットバスに交換
施工店 京都本店

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

柱を抜き出入口位置を変えることでユニットバスリフォームを実現!

以前は廊下側に出入口を取っていたお客様のお風呂場ですが、そのままでは新しいユニットバスへの変更が難しい状態でした。他のリフォーム会社では対応できないと言われてしまったそうです。
当社ではお客様宅の構造を綿密に拝見し、梁の太さから柱を抜いても強度的に問題ないと判断。お風呂の出入り口の向きを変えることでユニットバスへの変更が可能となりました。
ドアがつくことで廊下に湿気や暖かい空気が逃げず、快適に落ち着いて入浴できるようになりました。

間仕切り壁と廊下フローリング張り替え!

以前はお風呂場の出入り口だった部分には間仕切り壁を増設。居間に続く部分への廊下はフローリングを張り替えました。

小さいお風呂場でも工夫次第でお風呂リフォームは可能!

狭いお風呂のリフォームではシャワーブースへの交換をご提案することもありますが、湯舟に浸かる快適さは捨てがたいものです。
他社で断られたお客様も、ぜひ当社にご相談ください。
現場を拝見することで、ユニットバスを実現できるアイディアをご提案できる可能性があります。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

TOTO JHシリーズ 242,266円
ユニットバス組立て施工費 90,000円
既設在来浴室解体およびプラグ止め 80,000円
同上撤去材処分費 60,000円
間仕切壁・柱撤去工事 40,000円
同上撤去材処分費 20,000円
浴室土間コンクリート打ち工事 50,000円
城東テクノ 樹脂製三方枠 15,000円
浴室ドア回り納め 50,000円
間仕切壁復旧 50,000円
フローリング張替え 50,000円
換気ダクト用コア抜き 18,000円
ユニットバス照明・換気扇配線 40,000円
ユニットバス配管工事 80,000円
給湯器リモコン設置工事 15,000円
洗面所クロス張替え工事 35,000円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
後片付け・清掃 10,000円
現場管理費 50,000円

特別値引き -30,000円

税別 1,000,266円
税込 1,100,292円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE