TOTOの人気ユニットバス「サザナ」にリフォーム事例

TOTOの人気ユニットバス「サザナ」にリフォーム事例

京都市右京区K様

79.0万円(税別)

リフォームの概要

賃貸に出されていた物件のお風呂をリフォームした事例です。
中古物件のお風呂場は、一見きれいに見えても前入居者の使った跡が気になるものです。リフォームで一新してから入居すればすっきりと新生活を始めることができますよ。
K様が選んだユニットバスは、TOTOの人気ユニットバス「サザナ」。清潔感のある白を基調としつつ、アクセントパネルがナチュラルな空間を演出しています。
ひんやりせずお手入れが簡単な「ほっからり床」や冷めにくい「魔法びん浴槽」など、機能面でもリフォームの良さを実感していただけることでしょう。

お客様名 京都市右京区K様
費用 79.0万円(税別)
86.9万円(税込)
主なリフォーム内容 ユニットバスは、TOTO「サザナ」160㎝×160㎝
※脱衣所のクロス張替え込み
工期 6日
物件種別 戸建て
リフォームの目的 賃貸に出していた戸建てのユニットバスを交換
施工店 京都本店

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

機能と美しさを兼ね備えたクレイドル浴槽

TOTOの「サザナ」は、お客様のニーズやデザインのお好みに応じて浴槽タイプを選ぶことができます。
K様が選ばれたのは、ゆるやかに描く縁のカーブが美しいクレイドル浴槽。頭をもたせかけたときの具合やまたぎやすさなど、日常の使いやすさも体現しています。
さらにお風呂が冷めにくい「魔法びん」浴槽で、見た目だけでなく機能面でも優れた浴槽です。

汚れにくく、冬でもひやっとしない「ほっからり床」

TOTOユニットバスの特徴である「ほっからり床」は、足へのあたりが柔らかく、冬でもひんやりと不快な感触がないので快適です。
水切れがよく汚れが付きにくいので、日々のお手入れも簡単。きれいなお風呂をリフォーム前よりも少ない手間で維持することができます。

ホワイトとブラウンで、清潔で落ち着いたカラーリング

浴槽と壁はホワイト、アクセントパネルはブラウンをチョイスし、清潔感があってナチュラルな雰囲気もあるバスルームになりました。
浴槽、床、壁パネルのカラーは豊富な選択肢からお好みに応じて選ぶことができます。どんなお風呂にしようかとあれこれ悩むのもリフォームの楽しみのひとつですね。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

新規ユニットバス TOTO「サザナ」315,000 円
同上組立て施工費 90,000 円
既設ユニットバス及び間仕切り壁解体工事 70,000 円
同上撤去材処分費 50,000 円
間仕切り壁復旧及び開口部納め 50,000 円
城東テクノ 樹脂製三方枠 15,000 円
ユニットバス照明・換気扇配線工事 40,000 円
ユニットバス配管工事 75,000 円
給湯器リモコン脱着工事 15,000円
追炊きアダプター 5,000 円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
清掃・後片付け 10,000円
現場管理費 50,000円

特別値引き -30,000円

税抜 790,000円
税込 869,000円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE