脱衣場の床と給湯器も一新!小さなタイルのお風呂のリフォーム事例

脱衣場の床と給湯器も一新!小さなタイルのお風呂のリフォーム事例

京都府宇治市T様

112.3万円(税別)

リフォームの概要

狭小な在来浴室を、壁の厚みを変えることでユニットバスにリフォームした事例です。
掃除が大変なタイル張りのお風呂が、すっきりとした現代的なユニットバスに生まれ変わりました。
古く、いつ故障してもおかしくない給湯器も一新し、安心してお風呂ライフを楽しんでいただいています。

お客様名 京都府宇治市T様
費用 112.3万円(税別)
123.5万円(税込)
主なリフォーム内容 タイル張りの在来浴室から、ユニットバスリフォーム
※ユニットバスは、ハウステック「MSB」80㎝×160㎝
※ユニットバスを入れるため、トイレ側の壁を作り直し
※脱衣スペースの床を下地から張替え
※給湯器も交換(リンナイ オート16号)
工期 8日
築年数 40年
物件種別 戸建て
リフォームの目的 脱衣場付近の床が腐食していたため
施工店 京都本店

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

壁を薄く作り直してユニットバスへのリフォームが可能に!

T様宅のお風呂は幅が狭く、そのままでは最小のユニットバスすら入りませんでした。
そこで、トイレ側の側壁を壊して壁の厚みを変える方法でユニットバスを納めました。メーカーのカタログをご覧になって「うちのお風呂はユニットバスにできない」と諦めているお客様も、みやこリフォームなら解決策ご提案できるかもしれません。ぜひ一度ご相談ください。

リンナイの追い炊き機能つき給湯器に交換

T様邸の給湯器はメーカー取り扱い終了から、20年以上経過していました。
一般に、ガス給湯器は10年前後が交換の目安となります。古い給湯器はいつ故障してもおかしくなく、ガス漏れや一酸化中毒などのおそれもあります。急な故障で困る前の交換を推奨いたします。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

ハウステック「MSB-0816」 207,000円
ユニットバス組立て施工費 80,000円
L型手すり 25,000 円
既設在来浴室解体およびプラグ止め 80,000円
 + トイレ側壁解体工事 25,000円
同上撤去材処分費 60,000円
 + トイレ側壁処分費 15,000円
浴室土間コンクリート打ち工事 50,000円
城東テクノ 樹脂製三方枠 15,000円
大工手間 50,000円
 + トイレ側壁復旧工事 40,000円
 + 浴室入り口床張替え工事 30,000円
換気ダクト用コア抜き 18,000円
ユニットバス照明・換気扇配線 40,000円
ユニットバス配管工事 80,000円
給湯器リモコン設置工事 15,000円
追炊きアダプター 5,000円
トイレクロス張り替え工事 35,000円
浴室入り口クッションフロア張替え工事 20,000円

既設給湯器撤去工事 8,000円
同上撤去材処分費 3,000円
リンナイ 給湯器本体 16号オート 95,000円
リンナイ 浴室リモコン 8,000円
リンナイ 据置台 8,000円
リンナイ 排気カバー 3,000円
同上設置費 28,000円
ガス工事 15,000円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
後片付け・清掃 10,000円
現場管理費 50,000円

特別値引き -30,000円

税別 1,123,000円
税込 1,235,300円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE