内装も全て一新!水切りカバー設置で使い勝手を重視したキッチンリフォーム

内装も全て一新!水切りカバー設置で使い勝手を重視したキッチンリフォーム

京都市中京区A様

108.5万円(税別)

リフォームの概要

より使いやすいキッチンにするためのリフォーム工事です。最近のシステムキッチンは収納力に優れ、お手入れのしやすさも使いやすさにも工夫が凝らされています。今回はさらに、お施主様からのご提案でより使い勝手がよくなるよう「水切りカバー」を施しました。作業台から一段高いエリアには、小物をちょい置きできてとても便利です。
既存の「垂壁」は、今回のリフォームで不要になったので撤去し、天井がフラットになり吊り戸棚の収納が取り出しやすくなりました。
同時にクロスとクッションフロアも張替え、毎日使うエリアを一気に更新!

お客様名 京都市中京区A様
費用 108.5万円(税別)
119.3万円(税込)
主なリフォーム内容 キッチンは、リクシル「シエラ」幅270㎝
※水切りカバー設置
※不要な垂れ壁を撤去
※クロス・クッションフロアを張替え
工期 8日
築年数 40年
物件種別 戸建て
リフォームの目的 使い勝手を良くするためのリフォーム
施工店 京都本店

施工前
Before

施工後
After

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォームのポイント

水切りカバー設置で仮置きスペースを確保

お知り合い宅で便利そうだったとのことで、システムキッチンとは別に、水切りカバーを別途設置して、仮置きスペースを増やしたいとのことでした。おかげで、写真のように、よく使う調理器具や、やかんなども仮置きでき、ご満足いただけました。

不要な垂れ壁を撤去してフラットな天井に!

もともとキッチンは垂れ壁で囲われてました。ただ、今回、シロッコファンにして換気もよくしたため、不要になったため、垂れ壁も撤去しました。

クロスやクッションフロアも張替えて内装を一新!

せっかくのキッチンリフォームの機会だったので、クロスもクッションフロアも張り替えました。明るい色選びで雰囲気も明るくなります。

高気密の樹脂製床下点検口の設置で、床鳴りせず冷気も上がらない

床下点検口も交換しました。従来のアルミ製の点検口では、どうしても床鳴りがしてしまいます。一方で、最近は樹脂製の床下点検口が出ており、作りがしっかりしているため、床鳴りもせず、床下から冷気も上がりにくいと好評です。

この事例と同じ施工をした場合の費用を知りたい方はこちら
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

リフォーム内容・費用詳細

既設システムキッチン解体・撤去工事 70,000円
+ 水切り 15,000円
同上撤去材処分費 50,000円
天井垂れ壁撤去工事 20,000円
同上撤去材処分費 15,000円
新規システムキッチン リクシル「シエラ」 345,000円
同上システムキッチン組立て施工費 90,000円
給排水工事 75,000円
照明・換気扇電気工事 55,000円
ガス配管工事 55,000円
キッチン裏下地補修工事 40,000円
天井下地造作工事 40,000円

クッションフロア張替え 50,000円
クロス張替え 70,000円

養生費 25,000円
残材処分費 10,000円
片づけ・清掃費 10,000円
現場管理費 50,000円

特別割引 -30,000円

税抜 1,085,000円
税込 1,193,500円

MIYAKO REFORM
超絶分かりやすいリフォーム事例のYouTube みやこリフォームのLINE