事例で分かる!一戸建ての全面リフォーム費用を完全解説

事例で分かる!一戸建ての全面リフォーム費用を完全解説

「中古物件を買って、戸建てを全面リフォームしたいけど費用はどれくらい?」と気になる方も多いのではないでしょうか。京都で創業65年のリフォーム会社の営業責任者を担っている、みやこリフォーム小川です。

実は、戸建ての全面リフォームは、リフォーム内容や、導入する設備のグレードによって大きく変わります。そこで、この記事では、次のような観点から、一戸建ての全面リフォームの費用をご説明します。

一戸建ての全面リフォームの最低・最高価格が分かる!
事例多数掲載!あなたがしたい全面リフォーム費用が分かる!
予算○○万円でどこまで戸建てを全面リフォームできるか分かる!

この記事を読むことで、あなたがしたい一戸建ての全面リフォーム費用について、必ず知ることができます。

この記事で分かること

事例で分かる!一戸建ての全面リフォーム費用まとめ

「古くなった一戸建てを全面リフォームしたいけど、費用はいくら?」と気になる方も多いのではないでしょうか。
みやこリフォームではこれまでに数多くの全面リフォームの実績があります。そこで、みやこリフォームの施工実績から、戸建ての全面リフォームの費用についてまとめました。
最低価格税別900万円
中心価格税別1,116~1,462万円
最高価格税別2,929万円
※最低限、内装はフルリフォームしたときの費用
※屋根や外壁など外装のリフォームの有無は案件によって異なる

ご覧のように、一戸建ての全面リフォームの費用は、1000万円弱から、中には3000万円近くと大きく差が出るリフォームになります。なぜこれほど一戸建ての全面リフォーム費用に大きな差が出るかと言うと、他のリフォームに比べて費用が大きく変わる要素が様々あるためです。

ご覧の通り、戸建ての全面リフォーム費用が変わる要素はさまざまであるため、一戸建ての全面リフォーム費用は「○○な場合に、○○万円」と言うことは極めて難しいと言えます。

事例で分かる!一戸建ての全面リフォーム費用まとめ

戸建ての全面リフォーム費用は様々な要素によって大きく変わるとは言え、「70㎡の戸建ての場合、いくらでどんなリフォームできるの?」など、いくらでどんな戸建ての全面リフォームができるか気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで、以下では、金額帯別にどのよう戸建ての全面リフォームができるか、みやこリフォームのリフォーム事例をまとめました。

具体的にいくらでどんな全面リフォームができるの?

「いくらでどんな全面リフォームができるのか、もっと詳しく知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。そこで、以下では予算ごとにどんな全面リフォームができるかまとめました。

予算1000万円でできることは?

70㎡ほどの狭小住宅であれば、予算1000万円で外装・内装含めて全面リフォームすることが可能です。一方で、100㎡を超えるような戸建ての場合、予算1000万円だと外装まで含めて全面リフォームするのは難しくなります。

予算1500万円でできることは?

100~150㎡の戸建てでも、内装・外装含めてある程度のフルリフォームが可能です。しかし、導入する水回り設備や建材はスタンダードなものが中心になります。また、間取りは大きく変えないことが前提のリフォームになります。

予算2000万円でできることは?

100~150㎡の戸建てでも、内装・外装含めてフルリフォームが可能です。使用する水回り設備や建材もハイグレードなものを中心に使うことができます。また、今の生活に合わせて、大きく間取りを変えることも可能です。

事例で解説!1000万円ほどでどこまで全面リフォームができるの?

物件情報
床面積 70㎡
築年数 40年

 

リフォーム内容
リフォーム箇所 内容
水回り設備 オーダーメイド品に交換
その他内装

間取りを大きく変更

屋根・外壁 全面的に塗装
外構 庭を造作

 

リフォームのポイント
70㎡の狭小住宅のため、1000万円で内装は間取りを大きく変更して、水回り設備はこだわりのオーダーメイド品で揃えました。屋根や外壁などの外装は塗装仕上げ、軒下に小さな庭を造作するなど外構も整えました。

 

1500万円ほどでどこまで全面リフォームができるの?

物件情報
床面積 130㎡
築年数 32年

 

リフォーム内容
リフォーム箇所 内容
水回り設備 ミドルグレードのものに交換
その他内装

間取りは変えずに、クロス・床を全面張替え

屋根・外壁 全面的に塗装
外構 対応なし

 

リフォームのポイント
130㎡の戸建てで、内装・外装含めて全面リフォームしております。ただし、水回り設備はリーズナブルなミドルグレードのものが中心で、間取りも変えないことで費用を抑えることにしました。

 

2000万円ほどでどこまで全面リフォームができるの?

物件情報
床面積 140㎡
築年数 43年

 

リフォーム内容
リフォーム箇所 内容
水回り設備 オーダーメイド品に交換
その他内装

間取りを大きく変更

屋根・外壁 全面的に塗装
外構 土間打ちなど

 

リフォームのポイント
140㎡の戸建てで、内装・外装含めて全面リフォームしております。水回りの設備はこだわりのオーダーメイド品でリフォームし、間取りも大家族が集まれるよう大きく変更しました。

見積もりを通じて、全面リフォームの費用内訳を知ろう!

「一戸建ての全面リフォームの費用は大体わかったけど、なぜそんなにかかるのか、もっと深く知りたい!」と思われた方も多いのではないでしょうか。 そこで、ここでは、先ほどのA事例の実際の見積りを通じて、何にどれくらいの費用がかかっているのかわかります。

<見積り要件>

  • 水まわり設備はミドルグレードの売れ筋を使用
  • フローリング材は自然素材を使用
  • 屋根・外壁は塗装仕上げ
  • ウッドデッキ新設

ご覧のように、解体費用や下地作りなどの木工事が費用の半分近くを占めることが分かります。また、屋根・外壁の塗装や、ウッドデッキの新設など外装工事で300万円ほどがかかっていることもわかります。

逆に言えば、外装のリフォームはまた別の機会にするということであれば、300万円ほどのリフォーム費用をいったんは抑えることができます。

費用を抑えて満足度の高いリフォーム会社を見つけたいなら…

「全面リフォームの費用は大体分かったけど、具体的にいくらでできるか見積りを取ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

そんなときは一度、一括見積りサイトを使うのはどうでしょうか。
一括見積サイトでは、手間がかからず、無料で、評判のよいリフォーム会社を複数社紹介を受けることができます。

特にその中でも、ハピすむという一括見積りサイトが大変おすすめです。
一括見積りサイトの中では珍しく、東証一部上場会社であるSMSが運営しており、厳しい審査を通ったリフォーム会社のみが加盟しております。また、電話でのしつこい営業も一切ありません。

リフォーム会社選びに悩まれた方は、一度ハピすむに問合せて、リフォーム会社を紹介してもらいましょう。 

この記事を書いた人
みやこリフォーム運営責任者
小川 剣人

略歴

大阪大学人間科学部卒業、グロービス経営大学院卒業(MBA)
新卒で日本生命保険に入社。
社内システム構築や営業企画に従事。
その後、リフォーム系メディアを運営するITベンチャーに転職。全国500以上のリフォーム会社への営業経験と、紹介ビジネスを通じたエンドユーザとのやり取りから、リフォーム業界への見識を深める。
現在、みやこリフォームの責任者として従事。

所有資格

宅地建物取引士、ガス機器設置スペシャリスト、日本ホームインスペクター協会認定会員、応用情報技術者、簿記2級、ファイナンシャルプランナー2級、電気工事士、日本ガス協会簡易内管施工士など

ひとことメッセージ

人生に何度とないリフォームの機会だからこそ、後悔させないリフォームをお約束します!工事を通じて、家のことで何かあれば、お声かけいただけるような関係を築けるようがんばります!

tweet
みやこリフォームの事例
みやこリフォーム|Instagram