お値打ち価格で水まわり・全面リフォームするなら

事例多数掲載!色んなキッチン交換のリフォーム費用が一目で分かる!|みやこリフォーム

メールでの
お問い合わせ
0120-610-634
年中無休 8:00 - 23:00

事例多数掲載!色んなキッチン交換のリフォーム費用が一目で分かる!

「古くなったキッチンを交換したいけど、費用はどれくらい?」と思われている方も多いのではないでしょうか。

費用がある程度分からないと、業者に見積りをお願いするのも気が引けますよね。
みやこリフォームは、これまでに数多くのキッチンリフォームを手掛けてきたので、過去の実績から、「どんなキッチンにいくらでリフォームできそうか」ある程度正確にお答えできます。

そこで、この記事では、みやこリフォームの膨大な施工データから、実際の事例などを交えて、どこよりも分かりやすくキッチン交換のリフォーム費用をお教えします。

これを読むことで、いくらでどんなキッチンに交換するか、おおよそ検討を付けることができます。

この記事は、キッチンリフォームの施工経験が豊富な みやこリフォーム小川がお送りします。

目次

1.データで見る!キッチン交換の最低価格や最高価格は?

  • 「一番安いキッチンだったら、いくらくらいでリフォームできそう?」
  • 「他の人は、大体いくらくらいキッチン交換にかけることが多いの?」
  • 「一番高くて、キッチン交換はいくらくらい?」

など、実際にほかの人がキッチン交換にいくらかけたの?」と思われている方もいいのではないでしょうか。

みやこリフォームは、キッチン交換の施工実績が豊富なため、これまでに蓄積したデータから、キッチン交換の最低価格や最高価格についてお答えできます。

これまでにみやこリフォームでお客様がキッチン交換でかけた費用をまとめると、次の通りです。

実績データまとめ
最低価格 税別62.8万円
平均価格 税別105.2万円
最高価格 税別252.5万円

 

ご覧の通り、キッチン交換は安くて60万円台から、高くて200万円以上と大きくバラけていることが分かります。

経験則ではありますが、大体80~100万円ほどの予算感を持ってもらえれば、それなりのデザインで、食洗器などの機能もそれなりに充実したキッチンに交換できる印象です。

とはいえ、これを見て、「なんでこんなにキッチン交換の費用は大きく差が出るの?」と思われた方もいるのではないでしょうか?

そこで、次章では、実際の事例を価格帯別にご紹介することで、いくらでどんなキッチンに交換できそうか、おおよそのイメージを付けてもらえます。

2.事例で見る!いくらでどんなキッチンにリフォームできるの?

  • 「最低価格でリフォームした場合、どんなキッチンに交換できるの?」
  • 「食洗器を付けた場合のキッチン交換の費用はいくら?」
  • 「ショールームで見たあのかっこいいキッチンへの交換費用は?」

など、「いくらでどんなキッチンにリフォームできるのか」気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは、みやこリフォームの施工事例をなるべくたくさんご紹介することで、価格帯別にどんなキッチンにリフォームできるか、イメージアップしていただけます。

2-1.60万円台のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別697,120円
税込752,889円
商品名 リクシル
スタンダードモデル
「シエラ」
システムキッチンの特徴
  • 白を基調としたシンプルなデザイン
  • シャワーホースにもなる水栓夫
詳細リンク
(写真など掲載)
70万円!リクシル「シエラ」へのキッチンリフォーム

 

リクシルの売れ筋キッチンと言えば、「シエラ」。
オーソドックスなデザインと、リーズナブルな価格設定が魅力的なキッチンです。

2-2.70万円台のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別751,000円
税込811,080円
商品名 TOTO
スタンダードモデル
「ミッテ」
システムキッチンの特徴
  • 掃除がしやすいレンジフード
  • 水がスムーズに流れる「滑り台ステンレスシンク」
  • シャワーホースにもなる水栓
詳細リンク
(写真など掲載)
63%オフ!TOTO「ミッテ」へのキッチンリフォーム

 

TOTOの売れ筋キッチンと言えば、「ミッテ」。
他メーカーに比べ、価格設定は高い方ですが、デザインも他より洗練されているように思えるのは私だけでしょうか。。

2-3.80万円台のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別860,075円
税込928,881円
商品名 パナソニック
スタンダードモデル
「V-Style」
システムキッチンの特徴
  • 共働き夫婦にも便利な食洗器付き
  • お手入れのしやすい結晶化ガラス仕様のガスコンロ
詳細リンク
(写真など掲載)
食洗機付き!パナソニック「V-Style」へのキッチンリフォーム

 

パナソニックの売れ筋キッチンと言えば、「V-Style」。
比較的にリーズナブルな価格設定で、この価格でなんと食洗器まで付いちゃいます^^

2-4.100万円台前半のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別1,089,800円
税込1,176,984円
商品名 リクシル
最高級グレード
「リシェル」
システムキッチンの特徴
  • 大容量の「らくパッと収納」
  • 熱に強く、汚れにも強い「広まるコンロ」
  • ホースにもなるデザイン性の高い水栓
詳細リンク
(写真など掲載)
40%オフ!リクシル「リシェル」へのキッチンリフォーム

 

リクシルの最高級キッチン「リシェル」。
先ほどの「シエラ」に比べ、収納量が格段に増えます。また、コンロも熱に強く、掃除がしやすいものになっております。

2-5.100万円台後半のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別1,779,000円
税込1,921,320円
商品名 リクシル
ハイグレードモデル
「アレスタ」
システムキッチンの特徴
  • 掃除しやすいガラストップコンロ
  • 昇降機付きの吊戸棚
  • ハンズフリー水栓、食洗器付き
詳細リンク
(写真など掲載)
ハンズフリー水栓・食洗器付き!リクシル「アレスタ」へのキッチンリフォーム

 

リクシルのハイグレードキッチン「アレスタ」。
先ほどの「リシェル」よりは、低い価格設定になってますが、食洗器や、ハンズフリー水栓など、オプションをふんだんに付けると、費用は先ほどの「リシェル」を優に超えます。

2-6.200万円台のキッチン交換のリフォーム事例

費用 税別2,100,000円
税込2,268,000円
商品名 リクシル
最高級グレードモデル
「リシェル」
システムキッチンの特徴
  • 汚れにくく、熱にも強いセラミックワークトップ
  • 大容量のカップボード
  • IHヒーター、食洗器、ハンズフリー水栓付き
詳細リンク
(写真など掲載)
40%オフ!リクシル「リシェル」へのキッチンリフォーム

 

リクシルの最高級キッチン「リシェル」。
先ほどと同じ「リシェル」でも、セラミックのワークトップを選び、カップボードなどのオプションをふんだんに付けると、200万円を超えることがあります。

3.【まとめ】キッチンの費用はどういったときに上がるの?

「60万円のキッチンと、200万円以上のキッチンでどんな違いがあるの?」と思われた方も多いのではないないでしょうか。

実は、システムキッチンの場合、キッチンのグレードの違いのみによって費用が決まるのではなく、数えきれないくらい様々な要素によって費用が変わります。

そこで、ここでは、主に費用の違いを生む要素についてご紹介します。

以下の要素を満たせば満たすほど、キッチン交換の費用は上がり、200万円を超える場合もあります。

3-1.キッチンの形状による違い

キッチンの費用は、キッチンの形状によっても変わります。一般的には壁付きのI型キッチンが一番安く、L型キッチンや、対面キッチンなど特殊な形状になれば費用が上がります。

3-2.キッチンの幅・奥行きによる違い

当然、キッチンの大きさが大きくなるほど費用が高くなります。一般的なI型キッチンの場合、間口は165㎝~300㎝の10~15㎝刻みの中から、奥行きは60㎝か65㎝の2種類から選ぶことができます。

3-3.ワークトップ・扉の素材による違い

ワークトップや扉の素材によっても費用は大きく変わります。一般的には、人造大理石やステンレス製のワークトップが多く、例えば、リクシルの最高級グレード「リシェル」の場合、熱にも汚れにも強いセラミック製のワークトップも選ぶことができます。

3-4.収納量や収納の使いやすさによる違い

価格帯が高いシステムキッチンであれば、収納量が多かったり、その使い勝手がよかったりします。

例えば、リクシルの最高級グレード「リシェル」では、力を入れずに開くことができ、斜めに開くことで収納量を増やした、アシストポシェット付きの収納になっています。

また、吊り戸も、一般的なものはモノが取り出すのに苦労しますが、追加で費用をかけると、モノの出し入れが容易な昇降機付きの吊り戸にすることができます。

3-5.コンロの種類や機能による違い

コンロも標準装備のものと、高いもので10円以上差が出ます。高いものになると、キズが付きにくく、掃除がしやすいコンロにできるほか、人気のIHヒーターにすることもできます。

3-6.水栓の形状や機能による違い

水栓の場合、金額に応じてデザインが良くなり、シャワーとして伸ばして使うようになります。さらに、金額が高いものになると、ハンズフリー機能が付いていて、手をかざすと自動で水が出る機能が付きます。

3-7.ビルトイン食器洗い乾燥機の有無による違い

食器洗い乾燥機をオプションで付けることもできます。食器洗い乾燥機は、その容量によって費用が変わり、およそ10万円ほど追加でかかると見込んでおきましょう。

3-8.オプションのカップボードの有無による違い

システムキッチンの本体以外に収納が欲しい場合、オプションのカップボードを付けることもできます。その場合、そのシステムキッチンのグレードや、設置するカップボードの大きさによって費用が大きく変わります。

 

いかがだったでしょうか。システムキッチンの費用は、様々な要素によって変わるので、一概に「○○の場合に○○万円」ということはできません。

そのため、具体的な費用が知りたい方は、実際にリフォーム会社に現地調査を依頼し、食洗器の有無など希望を伝えて、見積りを出してもらうことをおすすめします。

水まわり・全面リフォームならみやこリフォーム

4.その金額は適正か?キッチン交換の適正費用を見積りから学ぼう!

「見積りを何社かから取ったけど、会社によって全然違う!いくらくらいが適正なの?」思われた方も多いのではないでしょうか。

実は、キッチン交換の費用には適正価格というものがあり、適正価格を大きく下回ると雑な工事につながったりする可能性があります。

そこで、ここでは、みやこリフォームの実例を通じて、どのような作業にどれくらいの費用がかかるのか、写真付きでご説明します。これを読むことで、あなたの見積り金額が妥当か、評価できるようになります。

4-1.京都府S様キッチンリフォーム概要

戸建てで、リクシルの最高級グレード「リシェル」にリフォームしたときの概要になります。

■概要

  • 物件は戸建て
  • リクシルの最高級グレード「リシェル」へのリフォーム
  • 床・クロスの張替え費用は含まない

■before/after

■実際のキッチン交換の見積り

実際の見積り
京都府S様/システムキッチン交換
内訳 金額
養生費 25,000円
既設キッチン解体・撤去工事 45,000円
同上撤去材処分費 50,000円
給排水仕込み・接続工事 50,000円
ガス配管仕込み・接続工事 40,000円
照明配線・換気扇仕込み・接続工事 25,000円
下地補修工事 20,000円
新規システムキッチン
リクシル「リシェル」
724,800円
(定価1,208,000円/40%オフ)
同上システムキッチン組立て工事 90,000円
現場諸経費・管理費 20,000円
税別合計  1,089,800円
税込合計 1,176,984円
※キッチン交換のみの費用で、床・クロス張替え費用は別途になります

 

ご覧のように、キッチン交換の費用は様々な項目から構成されております。これを見て、「養生とか専門用語が多くてよくわかんない!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

そのような人のために、次節では、写真付きでそれぞれどのような作業になるのか、詳細をご説明します。

4-2.キッチン交換の費用内訳の詳細について教えます!

以下では、それぞれの費用項目ごとにどのような作業か、写真付きでご説明します。

■養生費

古いキッチンを搬出したり、材料などを搬出したりするときに、床や壁などが傷つかないように、ブルーシートやパネルなどの保護材でカバーしてあげる作業になります。

■既設キッチン解体・撤去工事

古いキッチンを取り外し、撤去する作業になります。大工2人で、半日ほどの作業になります。

■同上撤去材処分費

撤去したキッチンを処分する費用になります。吊り戸も含めると、トラック1台分の廃材になります。処分は専門の業者に依頼することが必要で、5万円ほどかかります。

■給排水仕込み・接続工事

新しいシステムキッチンの配管位置に合わせて、給水・排水の配管を新しく引き直す「給排水仕込み工事」と、システムキッチン組立て後に、これらの配管を接続する「給排水接続工事」の2つを行います。

■ガス配管仕込み・接続工事

ガスでも給排水と同様に、新しいシステムキッチンの配管位置に合わせて、ガスの配管を新しく引き直す「ガス配管仕込み工事」と、システムキッチン組立て後に、接続する「ガス配管接続工事」の2つを行います。

■壁下地補修工事

システムキッチンの設置や、キッチンパネル張りが正しくできるよう、下地補修が必要になります。今回、既存のタイルのうえからきれいにキッチンパネルを張れるために、厚みが同じになるようにベニヤ板で補修しました。

■新規システムキッチン

キッチン本体の費用になります。キッチンの費用は、先ほど述べたように、キッチンの形状や大きさなどいろいろな要素によって変わります。

■新規システムキッチン組立て工事

キッチンパネルを張り、新しいシステムキッチンを組立て、設置する作業になります。職人2人がかりで、1日がかりの作業になります。

■照明配線・換気扇仕込み・接続工事

新しいシステムキッチン組立て後に、照明の配管を接続したり、換気扇を接続したりする工事になります。

■現場管理費・諸経費

駐車場代などその他の細かい費用や、近隣対策や職人の管理などにかかる費用になります。

 

いかがだったでしょうか。キッチン交換の適正価格についておおよその目安が付いたいのではないでしょうか。

とはいえ、キッチン交換の費用は、現場の状況によっても費用は大きく変わります。特に、マンションの場合、養生の範囲が広がったり、近隣対策に余分に手間がかかったりするため、費用が上がる傾向にあります。

そのため、みなさまの物件の場合、いくらくらいでキッチン交換できるか正確に知りたい方は、実際にリフォーム会社に見積り依頼することをおすすめします。

4.プロが教える!お得にキッチン交換するための交渉術

費用についてはある程度分かったけど、「お得にキッチン交換できるコツはないの?あまり余分な費用はかけられないわ。。」と思われた方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは実際に業界の裏側を知っているプロだからこそ語れる、お得にキッチン交換するためのコツをいくつかご紹介します。

4-1. 2~3社から相見積もりを取る!

リフォーム会社からの立場から見ても、2~3社から相見積もりを取ることは、リフォーム会社から値引きを得るための有効な策です。なぜならリフォーム会社が出したい金額と、相見積もりに勝つための金額は違うからです。

そのため、「知り合いの会社だから、相見積もりを取るのはちょっと…」という方も、費用を抑えたいのであれば、相見積もりを取ることをおすすめします。

ただし、5社以上など過度な相見積もりをいっぺんに取ることはおすすめしません。なぜなら、リフォーム会社も営利目的で提案をしている以上、お客様から業者への向き合い方を見て、その案件への力の入れ具合を決める側面もあるからです。

過度な相見積もりは、お客様に真剣に向き合わないリフォーム会社を生むことにつながるので要注意です。

4-2.紹介サイトからは紹介を受けない!

私自身、前職で紹介サイトに勤務していたからこそ言えることなのですが、紹介サイトを使う場合、高いところで10%以上のマージンがリフォーム会社から紹介サイトに流れております。

また、それだけではなく、紹介サイトから紹介されたリフォーム会社だからと言って、安心とは言い切れません。中には、いい加減な紹介サイトも多く、建設業の許可証を持っていない業者を紹介されることもあります。

そのため、口コミなどの情報を得るために紹介サイトを使うことは問題ありませんが、紹介サイト経由で会社を紹介してもらわないことをおすすめします。

4-3.メーカーにはこだわらない!

3つ目の費用を抑える方法は、システムキッチンのメーカーにはこだわらず、リフォーム会社おすすめのメーカーで提案してもらうことです。

なぜなら、リフォーム会社がメーカー・卸から値引きを得るための方法には、大量に仕入れるということ以外に、ある特定のメーカーを重点的に販売することでも得られるからです。

リクシルやパナソニックは比較的に低価格でご提案できるリフォーム会社が多い印象ですので、メーカーにこだわりがない人はそれらのメーカーから選びましょう。

4-4.水回りなどほかのリフォームも一緒にお願いする!

キッチンのリフォームを依頼するのであれば、お風呂やトイレなどのほかの水回りリフォームも一緒に行うことをおすすめします。

なぜなら、キッチン交換のほかに、ほかの水回りのリフォームもが増えても、施工管理の手間はほとんど変わりません。また水道、電気、大工と同じ職人に作業させられるため、リフォーム会社から職人への値引き交渉もしやすいからです。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。キッチン交換の費用について、様々な面から理解することができたのではないでしょうか。

キッチン交換の場合、おおよそ80~100万円ほどの予算があれば、みなさまのご希望に沿ったリフォームがある程度できます。

ただ、お客様のご要望によっては100万円を大きく超える場合もあるため、ある程度リフォームすることが決まったのであれば、リフォーム会社に見積り依頼して、正確な金額を知ることをおすすめします。

皆さまが納得の金額で満足の行くキッチン交換ができるよう、みやこリフォーム一同お祈り申し上げます。

この記事を書いた人
みやこリフォーム運営責任者

小川 剣人

リフォーム会社紹介サイト「リフォームガイド」にて、500以上のリフォーム会社と接点を持つ。
その後、みやこリフォームにて、実際の施工経験を積み、そのノウハウや業界ウラ話をブログ記事にて展開中。
  • LINEで送る

リフォームのことはお気軽にご相談ください。

お困りごとなどみやこリフォームへご相談ください。0120-610-634
年中無休 8:00 - 23:00