データで見る!マンションのリノベーション費用をプロが完全解説

データで見る!マンションのリノベーション費用をプロが完全解説

「マンションのリノベーション費用はいくら?」と思われて、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。
みやこリフォームでもこれまでマンションのリノベーションの案件を数多く扱っておきました。

そこで、この記事では、そのような経験をもとに、プロの視点から、マンションのリノベーション費用をどこよりも分かりやすく丁寧にお伝えします。

これを読むことで、あなたがしたいマンションのリノベーション費用がどれくらいかスッキリ分かることで、リフォーム会社の現地調査など、次のステップに心置きなく進むことができます。

1.マンションのリノベーション費用はいくら?

マンションのリノベーション費用は、マンションの大きさや、導入する水まわり設備のグレードなど様々な要素によって変わります。

そこで、ここでは、実際にかかった費用などのデータも踏まえて、マンションのリノベーション費用についてご説明します。

1-1.データで見る!マンションのリノベーション費用相場

みやこリフォームのマンションのリノベーション事例の費用を分析すると、次のとおり、施工面積に比例して、費用も増えていることが分かります。

なぜなら、マンションのリノベーション費用では、その解体費や下地作りの費用など、面積に応じてかかる費用が大半を占めるためです。

1-2.施工面積やこだわり別!マンションのリノベーション費用相場

マンションのリノベーション費用は、先述の通り、マンションの大きさに大きな影響を受けますが、内装へのこだわりによっても費用が変わります。

そこで、以下では、次の2つの要素によって、マンションのリノベーション費用がどのように変わるかまとめました。

  • マンションの大きさ
  • デザインや材質へのこだわり
マンションのリノベーション費用相場
総床面積 デザインや材質へのこだわり
強くない 強い
50㎡ 500~600万円 600~750万円
60㎡ 600~720万円 720~900万円
70㎡ 700~840万円 840~1050万円
80㎡ 800~960万円 960~1200万円
100㎡ 1000~1200万円 1200~1500万円
※税別価格

ご覧の通り、一般的な3LDK70㎡のマンションの場合、800万円前後の費用を見込んだ方がいいでしょう。さらに、設備にこだわったり、床面積が大きい場合、1000万円を超えることも珍しくありません。

【まとめ】デザインや材質へのこだわりによる違い

なお、デザインや材質のこだわりの「強い」「強くない」のイメージをまとめると次の通りです。

 

デザインや材質へのこだわり
強くない 強い
水回り ミドルグレードの売れ筋商品を使用 ハイグレードのものや、特注のものを使用
間取り 既存の間取りを活用し、間取りはほとんど変えない 水回りの配置を変えるなど、大幅な間取り変更あり
イメージ

 

基本的に、マンションのリノベーションでは、内装をすべて解体し、スケルトン(鉄筋コンクリートが丸見えの状態)にしてから内装を作り直すことで間取りを自由に変えることが可能です。

ただし、間取りをあまり変えないことを前提に解体を最小限にとどめることで、費用をある程度抑えることは可能です。

 

2.事例を通じて、マンションのリノベーション費用の理解を深めよう!

「マンションのリノベーション費用は大体分かったけど、具体的にいくらでどんなマンションのリノベーションができるのであれば?」と思われた方もいると思います。

そこで、ここでは、実際のマンションのリノベーション事例をご紹介しますので、具体的な費用感を養うのにお役立てください。

2-1.64㎡/税別666万円のマンションスケルトンリフォーム事例

築年数 築40年
平米数 64㎡(3LDK)
リフォーム費用 約1200万円(税別)
約1300万円(税込)
工期 2ヵ月
リフォーム内容 ・スタンダードな水回り設備を導入
・既存の間取りを活かした間取り設計
・万人ウケするシンプルなデザイン

 

2-2.80㎡/税別1200万円のマンションスケルトンリフォーム事例

築年数 築6~10年
平米数 80㎡(3LDK)
リフォーム費用 約1200万円(税別)
約1300万円(税込)
工期 2.5ヵ月
リフォーム内容 ・統一感のあるカフェスタイルのデザイン
・こだわりのタイルや無垢材を使用
・趣味の水槽をインテリアに
詳細リンク
(写真など掲載)
80㎡1200万円のマンションフルリノベーション

 

3.見積りを通じて、マンションのリノベーション費用の内訳を確認しよう!

「マンションのリノベーションの費用は大体分かったけど、なににどれくらいの費用がかかるのか知りたい!」という方もいるかと思います。

そこで、ここでは実際の見積りを交えて、マンションのリノベーション費用の内訳をご説明します。

<見積り要件>

  • マンション3LDK72㎡のフルリノベーション
  • スタンダードな設備を導入
  • シンプルなデザインで、特段高価な建材は使用しない

<見積り内容>

ご覧の通り、マンションのリノベーションでは、既存の内装の解体にかかる費用と下地作り、クロス・床など仕上げにかかる費用など面積に比例して増える費用が大半を占めます。

また、室内ドアなど建具などもすべて新しいものになり、さらに電気や配線もすべて新しく引き直すため、水回り交換やクロス・床張替えだけのリフォームに比べて、かなり費用が掛かることがわかると思います。

費用を抑えて満足度の高いリフォーム会社を見つけたいなら…

「マンションのリノベーション費用は大体分かったけど、具体的にいくらでできるか見積りを取ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

そんなときは一度、一括見積りサイトを使うのはどうでしょうか。
一括見積サイトでは、手間がかからず、無料で、評判のよいリフォーム会社を複数社紹介を受けることができます。

特にその中でも、ハピすむという一括見積りサイトが大変おすすめです。
一括見積りサイトの中では珍しく、東証一部上場会社であるSMSが運営しており、厳しい審査を通ったリフォーム会社のみが加盟しております。また、電話でのしつこい営業も一切ありません。

リフォーム会社選びに悩まれた方は、一度ハピすむに問合せて、リフォーム会社を紹介してもらいましょう。

大きいリフォーム会社ってなぜクレームが多いのか? プロが解説! 〜リフォーム塾〜

この記事を書いた人
みやこリフォーム運営責任者
小川 剣人

略歴

大阪大学人間科学部卒業、グロービス経営大学院卒業(MBA)
新卒で日本生命保険に入社。
社内システム構築や営業企画に従事。
その後、リフォーム系メディアを運営するITベンチャーに転職。全国500以上のリフォーム会社への営業経験と、紹介ビジネスを通じたエンドユーザとのやり取りから、リフォーム業界への見識を深める。
現在、みやこリフォームの責任者として従事。

所有資格

宅地建物取引士、ガス機器設置スペシャリスト、日本ホームインスペクター協会認定会員、応用情報技術者、簿記2級、ファイナンシャルプランナー2級、電気工事士、日本ガス協会簡易内管施工士など

ひとことメッセージ

人生に何度とないリフォームの機会だからこそ、後悔させないリフォームをお約束します!工事を通じて、家のことで何かあれば、お声かけいただけるような関係を築けるようがんばります!

tweet
みやこリフォームの事例
みやこリフォーム|Instagram