プロが教える!マンションのキッチンリフォームの費用・事例、注意点

2019/01/11
プロが教える!マンションのキッチンリフォームの費用・事例、注意点

「マンションでキッチンをリフォームするときの費用はどれくらい?」
「マンションでキッチンをリフォームをするときに注意すべき点は?」
と思われてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

こんにちは、みやこリフォーム小川です。みやこリフォームでも、マンションのキッチンのリフォームをこれまでに多く手掛けており、様々な知見が蓄積されております。

そこで、この記事では、費用や事例、注意点など、マンションのキッチンリフォームをする上で、知っておくべきすべてのことをお伝えします。

費用や事例、注意点を理解することで、あなたがしたいマンションのキッチンリフォームのイメージを固めるのにお役立ていただけます。

1.マンションのキッチンリフォームの費用はいくら?

「マンションのキッチンのリフォームってどれくらいの費用が掛かるの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

実は、マンションのリフォーム費用は、次の大きく2つから費用が大きく構成されます。

  • キッチン本体のリフォーム費用
  • 食洗器などオプション費用

そこで、以下では、それぞれについて詳細な費用をご説明します。

1-1.キッチン本体のリフォーム費用はいくら?

マンションのキッチン本体のリフォーム費用は、次の2つの要素によって費用が大きく変わります。

  • キッチンのグレード
  • キッチンの形状

ここでは、キッチンのグレードや形状の組合せにより、キッチン本体のリフォーム費用がどのように変わるかまとめました。

マンションのキッチンリフォームの費用
グレード キッチンの形状
I型 L型 対面型
ローグレード 58~70万円 66~79万円 73~85万円
ミドルグレード 68~96万円 79~101万円 87~107万円
ハイグレード 83~143万円 102~198万円 118~217万円
※リクシル・TOTOの売れ筋商品の価格を参考
※税別価格

 

賃貸物件などでよく備え付けられているローグレードのキッチンであれば、I型キッチンで、60万円代からリフォームできます。また、多くの人が選ぶミドルグレードのキッチンであれば、80万円ほどは予算として見込んでおいた方がいいでしょう。

さらに、ハイグレードはワークトップの素材などオプションによって、かなり費用幅が出ます。そのため、費用は100~150万円ほどを見込んでおく必要があります。

(参考)キッチンのグレードによる違いは?

キッチンのグレードごとの違いをまとめると次の通りになります。

1-2.食洗器などオプションの費用はいくら?

「せっかくだから食洗器も付けたいけど、費用はいくらくらい?」などキッチンのオプション費用について気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、マンションのキッチンのリフォームでよく選ばれるオプション費用についてまとめました。

マンションのキッチンリフォームのオプション費用
オプション内容 費用
ビルトイン食洗器 8~10万円
IHクッキングヒーター 15~25万円
カップボード 10~20万円
腰壁の作成 10~15万円

 

キッチンのリフォームでは、その使い勝手を上げるためにいろんなオプションが考えられます。そのため、キッチン本体のリフォーム費用のほかに10~20万円ほどはオプション費用として見込んだ方がいいでしょう。

2.マンションのキッチンリフォームの事例

「大体の費用は分かったけど、実際どれくらいの費用でどんなマンションのキッチンリフォームができるの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

ここでは、マンションのキッチンリフォームの事例をご紹介します。これを読むことで、あなたがしたいマンションのキッチンリフォームのイメージがかなり固まることでしょう。

2-1マンションのハイグレードキッチンのリフォーム事例

  • リクシルのハイグレードキッチン「リシェル」(定価の50%オフ)へのリフォーム
  • 税別1,114,679円/税込1,203,853円

中古マンションの購入に伴うキッチンリフォーム。せっかくの機会だからと、長く使えるハイグレードのキッチンを導入しました。

2-2.見積りを通じて、マンションのキッチンリフォームの費用の理解を深めよう!

ここでは、先ほどの事例の実際の見積りをご提示します。実際の見積りを通じて、何にどれくらいの費用がかかっているのか、理解を深めていただければ幸いです。

■商品代
キッチンは、売れ筋のミドルグレードのものであれば、TOTOやリクシルの場合、定価の40~60%オフが相場になります。一方、ハイグレードのものであれば、割引率が下がり、定価の30~40%オフが相場になります。

みやこリフォームでは、仕入れ先を厳選しており、今回ハイグレードのキッチンでも、定価の50%オフでご提供することができました。

■工事費
キッチンのリフォームでは、解体費のほか、電気工事、配管工事、ガス工事がかかり、30万円前後が工事費の相場になります。

今回、手元を隠すための腰壁を作り直したため、別途10万円がかかっております。

なお、当事例の詳細については、次の施工事例ページで紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
定価50%オフ!リクシルのハイグレード キッチンへのリフォーム

3.キッチンを移動させるリフォームの注意点

マンションのキッチンリフォームで注意すべき点は、その配管やダクトの位置によって、キッチンの移動に制限があることです。

配管は流した水がスムーズに流れていくために、一定の角度以上の傾斜をつける必要があります。

そのため、上図のように、「床下にゆとりがない場合」は配管の傾斜がとりにくいため、キッチンを移動される範囲が限定されることが多いです。一方で、「床下にゆとりがある場合」のように配管の傾斜がとれる場合は、ある程度大きくキッチンを移動させることができます。

そのほか、換気ダクトの位置などによってもキッチンの移動に制約が生まれますので、注意が必要です。

4.まとめ

いかがだったでしょうか。マンションのキッチンリフォームの費用や事例、注意点などの理解が深まり、ご自身がしたいマンションのキッチンのリフォームのイメージがかなり固まったのではないでしょうか。

一方で、マンションのキッチンリフォームでは、グレードや細かいオプションによって費用差が大きく出できます。さらに、配管やダクトの位置によって、キッチンの移動が自由にできない場合があります。

そのため、具体的にリフォームの検討を進めたいという人には、リフォーム会社への現地調査・見積りをおすすめします。みやこリフォームも水まわりに強い会社ですので、ご検討の際はぜひとも弊社にもお声かけよろしくお願いします。

この記事を書いた人
みやこリフォーム運営責任者
小川 剣人

リフォーム会社紹介サイト「リフォームガイド」にて、500以上のリフォーム会社と接点を持つ。

その後、みやこリフォームにて、実際の施工経験を積み、そのノウハウや業界ウラ話をブログ記事にて展開中。



みやこリフォーム|Instagram

問合わせはこちら